姉妹園木の実(りんご組)との交流

  • 2018.06.05 Tuesday
  • 19:25

 

 ふじ組の子ども達は話し合いをして、一緒に草花や昆虫を

探すことになりました。

 

遊びに行く公園の地図を描いたり、草花を入れる袋を製作

して今日の交流を楽しみにしていました😊

 

 

木の実の園児が到着すると、挨拶をしてホールへご案内✨

 

 

ふじ組お手製の地図を見ながら、「公園に行こうよ‼」と

いうゲーム。保育者『シロツメクサ』と、いったら6文字

だから、6人グループを作るゲームです。他に『ダンゴムシ』

とか、初対面でも手をつないでお題の文字の数のグループを

作りました。

最後は『アリ』

 

 

 

そして、ペアになった子には、採集カバンをプレゼント🎁

「草花を入れる袋です。どうぞ。」

と渡していました。

 

 

 

子ども達の意見で、草花があり広い北弘公園に行きました。

この日は、先生体験で保護者の方も先生として、こども達

の安全な歩行を見守っていただきました。

 

 

公園では、図鑑や虫めがねを使って一緒に観察していましたよ👀

 

「ダンゴムシの茶色の模様があるのが、メスだよー。」

「そうなんだー。」

じっと観察していました。こども同士教え合うのは印象が

ちがってきますね。

 

共通のことに興味を持って、距離が縮まっていましたよ😌

 

 

 

 

「どんなのみつけたの?」

「私も同じの見つけたよー。」

と一緒なものを発見したことを喜んでいました。

 

 

からすのえんどうを見つけて、保育者が笛を作って吹いていると

「えっ何の音??」

「どうやるのー❓」

「やってみたいー‼」

とそこから、保育者も交えて本気の笛鳴らしが始まりました。

 

「ピューーーー🎵」「あっ鳴ったー😀」

 

それを聞いて、みんなも挑戦していました。

木の実のお友だちも園付近の公園で探して遊んでみようね。

 

 

見つけたものも、みんなと見せ合いっこしました。

トゲトゲの草を見つけた子は、

「これは、トゲトゲで、本で挟んで持たないと持てません。」

みんな「どれどれー。見せてー」

持ち方を教えてあげるとみんなに順番に見せてくれました。

 

 

さて、このトゲトゲの花は何か、保育者はとても気になった

ので、調べたところ・・・

『悪なすび』別名『鬼なすび』

茎と葉にとげがあり、繁殖力があり強いので悪と名付けられた

そうです。

 

ジャングルジムや鉄棒、手つなぎ鬼も楽しみました。

 

 

鉄棒で逆上がりを見せて、お互い良い刺激を受けていました。

 

園では、美味しいカレーライスを食べました🍛

その頃には、すっかり和んで会話も弾んでいましたよ。

 

木の実の園児から、プレゼントをもらいました🎁

 

 

自画像と名前が書いてあります。とっても上手ですね。

「この子と一緒に遊んだよー。」と名前を覚えた子もいました😊

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は、「今日はありがとう。また来てね‼」とご挨拶して

見送りました。

 

「初めはドキドキ💓したけど、一緒に遊ぶと楽しくなって来ました🎵」

 

自然の中で植物や虫、体を思う存分使って一緒にあそんだ数時間

でしたが、あっという間に仲良くなり、子どもたちの素直な心の

つながりが感じられ、心があたたかくなりました。😊

 

また、機会を作って交流を深めていきたいです。

 

  • 0
    • -
    • -
    • -