さつま芋大収穫
0

      三国町の畑に到着。

    お世話になっているおじさんに

    さつま芋の掘り方を教えてもらいました。

    真剣な表情で見ています。

     

     

     

     ずら〜っと並んで一斉に掘り始めました!

    45m程の畝です。

     

    「えーこんなに長いのー。」

    「でも、待ってるみんなの為に頑張るぞー!」とやる気満々でした。

     

    掘っても掘っても、先ちょしか見えません。昨年と比較するとたやすく芋が掘れません。

     

    畑の方曰く、今年は猛暑で、さつまいもが水を求めて長細くなったとのことでした。

     

     下へ下へと伸びるさつま芋が折れないように力加減を考えながら、掘り進んでいきました。

     

     

    引っこ抜く時には、地面を踏みしめてグッと力を込めていましたよ。

    y

     

    「ねぇー取れない手伝ってー。」と女の子が助けを求めると「任せてー」とすかさず

    近くにいた子が手伝っていました。

     このやり取りの中で、日頃から言葉による伝え合いや思いやりの心が育っているなと

    感じました。

     

     

     掘り終わってからも、まだ深くに芋がないかを探したり、芋の土落としやヒゲ取りをしました。

     

     

     

     

    キレイにする中で、さつま芋の色素が手のひらについて、匂いがすると教え合い

    細い根っこの方は柔らかいことに気づき、さつまいもを深く観察し知識として学び

    につながっていきました。

     

    畑のさつまいもをすべて掘り起し、きれいに砂を払いヒゲをとりバナナ箱3箱、米袋に

    1袋の収穫でした。要した時間が2時間。でも、半分の1時間ぐらいにしか感じられないほど

    こども達の集中力は、素晴らしいものでした。

     

    エンザルランドでは、お楽しみのお弁当とおやつタイム🍙

    たくさんのさつま芋を掘って疲れた体に、愛情あふれるお弁当が力を与えてくれました。

     

     

     

    おいしく食べた後は、大きなアスレチックで元気に遊び、園に戻りました。

     

     

     

     お芋掘りや帰りのバスの中で

     

    「まだ、ピカピカにしていないお芋をキレイにしようね。」

     

     「1番大きいのとか、1番細長いのや、小さいの探してみるのも面白いじゃない?」

     

    「たくさんあるけど、何個あるんかなー。千個かなぁ?」

     

    という会話がありました。

     

    実体験が子どもたちの好奇心や意欲を増幅して、遊び=学びが楽しくなる毎日を

     

    過ごしていきます。

     

     

    追伸、軍手の汚れ具合は、こども達が必死でさつまいもを掘った証です。

     

    みんな、よく、がんばりました!◎(*^_^*)

     

    園で洗濯をして、明日はさつまいもの選別作業に使用しますね。

     

     

    posted by: hanazonokids | - | 19:51 | - | - |