シルエット劇観賞・・・ふじ組(5歳児)
0

     

    今日は、ふじ組(5歳児)が福井市文化会館に幼児演劇を観に行きました。

     

    大きなホールで高い天井を見上げて驚いていました。

     

     

    始まる前は、楽しみで待ちきれない気持ちとドキドキ、そわそわしている様子でしたが

    緞帳があがると、椅子にしっかりと座って話を聞くことが身についていると感じました。

     

    最初、手影絵を教えてもらいました。キツネや鳩、猫の手影絵のやり方に挑戦!

     

    シルエット劇は、「泣いた赤鬼」と「つのぶえの歌」でした。

    村人達と仲良くなりたい赤鬼のために、青鬼はわざと悪い鬼役になりました。

    青鬼を追い払った赤鬼が村人と仲良く過ごしていく。そして、青鬼は、赤鬼と

    会っていると村人に怪しまれるので長い旅に出て行くという・・・

    やさしい鬼のお話でした。

     

    劇を見ながら子ども達は

    「青鬼頭いいねー。」

    「悲しいお話やったな。」

    と、子ども達なりに色々と感じながら観ていました。

     

    面白い場面では、友達と顔を見合わせて気持ちを共有したり

    青鬼が旅に出ていくことを赤鬼が手紙で知った場面では

    真剣な表情で青鬼のやさしさを感じていた様子でした。

     

    「つのぶえのうた」では、知ってる曲がたくさん出てきて

    一緒に歌いながら楽しみました。

    ”世界中の子どもたち”という歌では、世界の国の人のシルエットの中で

    運動会万国旗の自分の描いた国の人が出てきて喜んでいる子もいました

     

    公共のマナーをきちんと守って団体行動ができていたふじ組でした。

     

     

     

     

     

     

    posted by: hanazonokids | - | 14:17 | - | - |