2019年ハッピーハロウィン  part1
0

     昨夜の東京渋谷のハロウィンは、酒類販売禁止と民間警護員増員の

     

    お陰か、軽トラックをひっくり返す騒ぎや迷惑行為もゴミも少なく済んだ

     

    そうです。大人がお行儀よくしないといけませんよね。

     

     

     さて、花園ハロウィンは10月30日(水)に行われました🎃

     

    以前は、ハロウィンをしていなかったのですが、社会の動きに

     

    ちゃっかり便乗しました。もちろん、ハロウィンのいわれも

     

    こども達にわかりやすく伝えました。

     

     最初は、りす組です。

     お部屋でハロウィンの絵本を読んでもらい、T先生がかぼちゃオバケに

     

    変身すると…大笑い!(^^)!

     

    ホールは、薄暗く不気味な音楽も流れていて恐る恐る、神妙な顔つきの

     

    りす組の子らでしたが、ステージ上のお菓子に目がくぎ付けになっていました。

     

    4つのかごの中から、食べたいお菓子を3つ選んでいます。

     

    どれにしようか迷う子もいれば、マイバッグにさっさと入れる子。

     

    保育者と一緒に「ひとつ、ふたつ、みっつ」と、数えている子。

     

    かぼちゃのお面は、クレヨンでなぐりがきをしてから、スポンジ(凹凸面)にオレンジ色の

     

    絵の具をつけて、トントンとスポンジでタッピングしましたよ。

     

     ねこバッグは大きくて、お菓子がたくさん入りそうです(笑)

     

     

     次は、うさぎ組です。

     ドキドキしながらオレンジ色の布の上を歩いていくと、そこにはお菓子が山盛り。

     

     

    大きな声で「トリック オ ア トリート」って、ちゃんと言えます。

     

    うさぎ組のお菓子入れは、手が込んでいます。おしゃれな蜘蛛の巣バッグ。

     

    黒色画用紙に白絵の具をポトンと落として、ストローで吹き付けて模様を描いています。

     

    まるで、蜘蛛の巣のように。底からビローンと長い蜘蛛の糸も…

     

    保育者やお友だちとの言葉のやり取り。たくさんのお菓子を目の前に、どれにしようか思いを

     

    めぐらしていました。

     

     さくら組、ふじ組は、ハロウィンpart2に続きます。

     

     

     

     

     

    posted by: hanazonokids | - | 17:45 | - | - |