2019年 ハッピーハロウィン part2
0

     ハロウィンは、キリスト教の万聖節の前夜祭のことです。

     

    万聖節とは、毎年11月1日に、あらゆる聖人を祭る祝日のことをいいます。

     

    こども達には、夜になると、妖精や魔女、オバケたちがお墓から出てきて

     

    人間をオバケの国へ連れて行こうとするから、みんなも魔女やドラキュラ

     

    なんかに変身(仮装)して、オバケの仲間になると(人間ではないから)

     

    連れていかれないよ。って話しました。

     

     りす組、うさぎ組がホールでハロウィンを楽しんでいる間、さくら組、ふじ組は

     

    お部屋でせっせと、仮装の準備をしていました。そして・・・

     

    壁面製作は、さくら組の紙皿かぼちゃオバケ。

     

    折り紙を同じ幅で手で裂く作業は、慎重にそして力の入れ加減がポイントです。

     

    交互に色を重ねること、目や口の貼り方で表情が違ってきますね。

     

    子どもの作品って、夢があるといつも思います。

     

     

    みんなの前に立ち、仮装の発表をしました。普段、元気なさくら組ですが

     

    照れくさいのか、ちょっぴり声は小さめ。お友だちに頼らず、自分の思いを

     

    はっきり言えるように表現力をつけていこうね。

     

    パプリカダンスを、ふじ組と一緒に踊りました。ホールは一気にハロウィンパーティー

     

    会場になりました。

     

     

    次は、ふじ組です。

    個性が光るオバケが勢ぞろいです。

     

    短時間に集中して作り上げ、アイデアいっぱい自信に満ちあふれています。

     

    みんな、なりきっているところがすごい! 楽しさが伝わってきますね。

     

     

    猫の耳や、肉球まで。

     

    存在感のある赤いほうきを持つ魔女も

     

    とんがり帽子がカワ(・∀・)イイ!!

     

    ゾンビや、ドラキュア

     

    ふじ組のパプリカダンスは、洗練されていました。

     

    手先や顔の表情まで、細かいところまで気持ちがこもっていて

     

    パプリカの歌、♪心弾ませ あなたに届け♫

     

     

     心優しいふじ組のみんなは、ベビー組やひよこ組のお部屋へ。

     

    ハロウィンの雰囲気を分ちあいたいと、かわいいオバケの姿でお邪魔しました。

     

    Y先生の愛情あふれるレンズの眼が、ベストショットを生み出しました。

     

     

    幼老交流でデイサービスセンターのおじいちゃんたちにも

     

    会いに行き、歓迎されました。

     

    運動会が11月に延期になって、秋は芋ほり、園外保育、姉妹園との交流

     

    楽しいことが満載です。こどものひとり一人の思いに寄り添い、毎日を

     

    丁寧に明るく、楽しく過ごしていきたいと思います。

     

     

     

    posted by: hanazonokids | - | 20:20 | - | - |